【囲碁上達】級位者必見!意識すべき愚形

こんにちは、今回は愚形について書いていきます。

囲碁の石の集まりには愚形と呼ばれる形がいくつかあります、愚形は石の働きの効率が悪い形のことで逆に働きの良い形を好形といいます。愚形に意識を向けずに思うがままに打ち続けても成長が止まりやすいかと思います。今回は絶対に避けていきたい愚形を4つ紹介したいと思います。

愚形がたくさん出てくると死活に絡む場面も不利な戦いを強いられることがたくさんあります。

詰碁に関することについてくわしくはこちら

最後にお得な情報も紹介しているので是非読んでみてください。

囲碁教材の泉は囲碁の上達を志す方のためにたくさんの特典を無料でプレゼントしています。ご希望の方は下のオレンジのボタンから会員登録すると受け取ることができます。

絶対避けたい愚形

  1. サカレ形
  2. アキ三角
  3. ジンガサ
  4. ダンゴ

今回の記事で紹介するのはこの4つの愚形です。これらの形を何も感じずに打っているうちは有段者への到達するにはすこし遠いかもしれません。逆に言うとこれらの形を意識をして打つようになれば有段者にはなれます。愚形というのはそれだけ負けへと直結しています。

サカレ形

上の2つがサカレ形の代表例です。2つの黒石が白の石で左右にサカレていますよね。こういう形をサカレ形といいます。
左右の黒石たちは連絡することができずにどちらも弱い石となります。一方白の石はしっかり連絡することができていて黒石の切断ができてと一方的に戦える有利な形となっています

サカレ形の黒が本当にひどい状態になっていると感じるようになってほしいです。

サカレ形は僕が囲碁教室でも絶対に避けるように口を酸っぱくして言っています。この形だけはみなさん出てこないように意識をしてください。

アキ三角

アキ三角

上の図がアキ三角です。この形も愚形の代表例です。

この形は石が2つ並んでいる状態のところにAの場所に1つくっついた状態です。このアキ三角という形は石の働きが悪い状態です。右の図の1と打っても黒の2つの石と1の石はつながることができます。囲碁はできる限り少ない石数で働かすほうが良いのでAよりも1のほうが良いですね

ジンガサ

ジンガサ

ジンガサは上の形です。これはアキ三角が2つくっついた形ですね、働きの乏しい形であるのはアキ三角と同じ要領でわかるかと思います。実戦では出てこないように意識してください。

ダンゴ

これは正式な名称はわかりませんがよくダンゴやダンゴ石などといわれているかと思います。

上の石が4つ集まった形がダンゴやダンゴ石と呼ばれる形です。これも愚形の代表です。

お互いにダメが詰めあっていて働きが大変乏しい形です。

愚形が出てこないようにするには

愚形に意識を向けずに打っていると成長が止まりやすいと初めに書きましたが、意識を向けて打つにも自分だけで愚形に意識を向けて対局をしていくのは難しいです、指導者から対局の棋譜検討をしてもらって自分の打ち筋を見てもらうことがおすすめです。

そこで当サイトでは個別レッスンを行っております。個別レッスンを申し込みをされた方には有料商品の死活の書をプレゼントしています。個別レッスンはそれ以外にも特典を用意しています!個別レッスンについてくわしくはこちら

お得なお知らせ

囲碁教材の泉では囲碁が強くなりたい方へ向けてたくさんの囲碁上達につながる教材などを紹介しています。無料教材一覧
他にも会員限定コンテンツとして有料教材のプレゼントを行っています。

関連記事

ブログカテゴリー

無料教材カテゴリー